FXジャパン.com

Pepperstoneの強み スムーズな入金対策

yert Pepperstoneの強みの1つに、スムーズな入金対応があります。海外FXの口座を使用する上で非常に重要なポイントです。Pepperstoneの場合、受付は現地時間の8時から18時になるのですがクレジットカードを使う事で即日入金が可能です。

Pepperstone側の説明では、30分から1時間程度で口座残高に反映されるとのことです。ただ注意しなくてはならない点として、クレジットカードを使って円建て口座に入金した場合、入金手数料として3%も取られてしまいます。パーセンテージの手数料は、FX取引を考えた場合無視できない大きさといえるでしょう。

それを回避する為には三井住友銀行経由での入金など、ネットバンク経由での入金を行うという方法もあります。この場合ですと、手数料が海外送金に比べて、かなり安く済ませることができます。高い手数料が必要なクレジットカードの入金は、タイミングを逃さずに大きく勝負に出たいとか、追い証などの緊急の入金が必要になった場合など、非常時に使う事を考えておくと良いと思いますPepperstoneの出金に関してですが、公式HPには1営業日以内に処理するとあり、概ねスピーディであると評価されています。

関連サイト: ビットオプション.net

目安として実際に銀行に振り込まれるのは3から5営業日くらいを目安としていると良いでしょう。他にPepperstoneの情報として、ンターネット上には指値注文時のスリッページが大きいという話があります。スリッページというのは、成行注文や逆指値注文などで、注文時に指定したレートと実際に約定したレートとの間で相違が生じてしまう事です。当然この差が大きくなると、不利になってしまいます。Pepperstoneの場合、小ロットではそれほどスリッページに差が生じないと言われていますが、100枚を超える様な取引では、スリッページが大きくなる傾向があるという話があります。

もっとも、スリッページはタイミングで発生するものであり、他の業者の場合は回避できたのか?という点も業者として評価するのには重要な観点となってきます。XE Marketsに寄せられるクレームの話ですが、Pepperstoneは海外業者なのですが、日本での入会営業を別会社が行っている様で、実質的に海外業者に不慣れな人を多く集めてしまっているので、手続きなどの不理解などから問題が生まれている可能性もあります。

また、Pepperstoneが最近行ったNYへのサーバー移転で、それを前後して接続が不安定になったり比較的長時間サーバーが落ちていたりと、バックボーンに関係するような様々なトラブルが頻発しました。その点などからクレームが多くあった経緯があります。現在では、VPSの無料サービスなども始めており、Pepperstoneはユーザー数の増加に伴ってサービスを拡充している過程だと言えるかも知れません。


twer


  • FXというのは、売ったり買ったりする外貨に、実際に外貨預金のように日本の円を入金することは必要ではありません。小さな金額のトレードの保証金のみで、その何倍もの金額の大きなトレードを行うことが可能です。この際のトレードの保証金と、本当に売ったり買ったりする金額の割合のことをレバレッジと呼びます。レバレッジが大きいほど、資金が少なくても効率的にトレードを行うことができます。しかし、その一方、相場が予測したものとは反対になった時のリスクは大きくなります。