FXジャパン.com

デイトレーダーは自分との戦いです

デイトレーダーは自分との戦いです。分析のノウハウも大切ではありますが、対面しているパソコン上の株価の動きに左右されずに堅実な判断を持って、自分の資産を増やすことが最終的な目的です。急激に株価が上がると、誰でもテンションが上がりますし嬉しい悲鳴です。ですが、その値上がりの裏にどのようなロジックが働いているかを分析して、初めて一流のデイトレーダーと言えます。テクニカル分析であれ財務諸表分析であれ、全ての知識を100%使うことは不可能です。自身の感情をどれだけコントロール出来るのか、他人が稼ごうと自分で自分をどれだけ信じることが出来るのかが、デイトレーダーの肝と言うべき要素であります。

◎勝つためのトレードではなく、負けないためのトレードをすすめます。
デイトレードは「損切り(ロストカット)」をいかに使いこなすかが鍵となります。ロストカットとは、株価がこれ以上下がって損をしないように、予め売るラインを決めて、損を最小限にする行為です。人間心理的にも、株価が下がってもまた盛り返すはずと思いがちです。この考えは一理正しいです。しかし、万が一株価が下がり続ける銘柄にあたったとき、あなたはその株をずっと塩漬けにしなければなりません。

それは、かなりの損失が確定した状態でなくなく売却する必要に迫られます。これらは新興株やベンチャー企業などの株価の上下が激しい銘柄で十分起こりえます。あなたが株の取引でやるべきことは、「勝ち続けること」です。たまたま一発当てて大金を手にしたとしても、ロストカットを怠ってその金を不意にしてはそれは「負け」です。1万円を9回のトレードで得て、10万円を1回のトレードで失ったら、例え勝率が90%だとしても取引そのものには負けているのです。

トレードで大切なのは勝率5割でも着実に資産を構築するすべを持つことです。そのためにも、ロストカットを設定して忠実に守ることが最重要であります。ロストカットを設定するルールはローソク足などのチャートを用いることがよくあります。ここで大切なポイントは、一度ロストカットを設定したら必ずそのルールに従うことです。例え株価が上昇して、ロストカットの値段を上げたとしてもそれが下がることはまずないです。ロストカットポイントを下げるということは、株価がまた値上がりするであろうというあなたの期待の現れであり、感情に左右されている証拠でも有ります。ロストカットの理解を深めて、デイトレードを有利に立ち回りましょう。

ヘッジファンドでは、様々な手法で金融的な取引が実施されています。

デリバティブの取引方法が取り入れられる点が最も大きなポイントであり、ヘッジファンドがリスクを少なくすることに意識の置かれる要因としても取り上げられています。このデリバティブ取引では、将来の資産価値をあらかじめ決定しての取引が原則となっているため、資産を得てから大幅に価値が下落した場合でも、損失を被るリスクが減少していきます。このような仕組みがヘッジファンドでは当たり前のように取り入れられているため、損失を投資家が受けるリスクが減少することに直結します。投資を行う際にリスクを被りたくないと希望している人にとっては、こうした仕組みがベースにあることは、非常に大きなメリットとして捉えられているのではないかと思います。

また、レバレッジの仕組みも、ヘッジファンドでは有効に利用されています。現在所有しているお金の数倍から数十倍のお金を取引する手法ですが、この仕組みで多くの利益を追求することがヘッジファンドでは常套的な手段として取り入れられています。これはデリバティブの取引手法との相互作用を期待できるものであり、場合によっては非常に多くの利益を獲得できることも期待できるのではないかと思います。レバレッジの掛け方に関しても、ヘッジファンドによって異なっていると認識されているものの、リスクを最小限に留められる閾値でのレバレッジの決定が行われています。様々な商品や資産に対する取引が活発に展開されていますが、レバレッジのコントロールはヘッジファンドにおいては欠かせないものとして捉えられています。

このデリバティブとレバレッジという双方の取引方法がうまく掛け合わされることにより、ヘッジファンドによる取引が成立すると言えるでしょう。このようなリスクを最小限に留めることの期待できる取引方法に関しては、ノウハウが蓄積されることで更に多くの利益を見込めるようにもなるのではないかとみられています。ヘッジファンドを介して投資を行う個人投資家などは、これらの仕組みを活用するヘッジファンドを好意的に捉えている場合が多く、利益の追求や損失のリスク回避なども期待しているのではないかと考えられています。これらの取引の手法が円滑に進められることに伴い、ヘッジファンドで得られる利益は一層大規模なものになるのではないかと考えられており、取引を行う投資家などから注目が寄せられています。
****************************************************************************************************************************
fsdPepperstoneは、顧客重視の良心的なトレードシステムに定評のある海外FX業者です。通常、FXトレードの最低取引単位は10,000通貨ですが、Pepperstoneでは1,000通貨からの取引が可能です。あまり軍資金に余裕の無いトレーダーでも気軽に市場に参加することが出来ます。

しかも業界トップクラスの低スプレッド&ハイレバレッジが設定されており、短期間で莫大な利益を狙うスタイルも、長期間でコツコツと気長に稼ぐスタイルも思いのままです。また、取引口座は円建てで利用することが出来る仕様になっています。ドル建てだと円高が加速した際に利益が減ってしまうことがありますが、この為替差益を意に介さずにトレードに専念できるのは非常に魅力的です。
****************************************************************************************************************************
tuteXEMarketsに初めて入金した時に、なんと入金しただけでその入金額の30%をボーナスとしてもらうことができます。ただし最高額は10000USDです。2回目以降の入金時も30%のボーナスをもらえ、ボーナスをもらう際には面倒な申請等はありません。自動的にボーナスが付与されるシステムになっているからです。

一般的なブローカーであれば、口座の残高にそのまま加算されるため、引き出せる条件を満たしているかが分かりにくくなってしまいますが、XEMarketsではそういったことはありません。ボーナスはクレジットとして加算され、いくらが残高で、いくらがボーナスなのかをすぐに見分けることができるのです。これなら資金の管理もしやすくありがたいですよね。
****************************************************************************************************************************
hertSmartOption (スマートオプション)は2011年から始まった海外バイナリオプションプラットフォームです。日本人によって提供されておりますので日本の方達が使いやすいように日本市場に最も有効的な方法を考えて進化し続けております。

海外と言っても電話でのサポートは日本語で提供されていますし、電話の発着も東京からの番号ですから安心して使用できます。SmartOption (スマートオプション)には判定時刻の価格が買った時より上昇するか下落するかを予想する「高低オプション」や、定められた期限内に予想した価格を一度でも上回ったり下回ったりすれば良い「ワンタッチ」が提供されています。特に60セカンズは1回に投資する単位と「UP」か「PUT」かを選ぶだけですから非常に簡単な設定です。SmartOption(スマートオプション)は海外バイナリーオプション取引では500からと単位が小さいのも非常に魅力的で気軽に安心してFX取引を行う事ができます。
****************************************************************************************************************************
gr24Optionはイギリス領ヴァージン諸島にあり、247Holdingsのグループの1社です。健全な財務状況と高いサービスレベルで評価を受けている会社です。対応するプラットフォームは10か国語にのぼり、多くの顧客にバイナリオンライン取引を提供することを可能にしています。

初心者から経験豊富な投資まで、多数の支持を集める要因は、この使いやすいプラットフォームとシンプルなルールによるもの言えます。バイナリーオプションのルールはシンプルで、初心者にでもすぐに始めることができるものです。FXや株式などの投資において、相場の動きの鈍いときは利益もなかなか確定できません。こうした時バイナリーオプションでは、上がるか下がるかの2択をあてるだけという明瞭なのです。動きの鈍い相場でも利益を出すことができるのです。
****************************************************************************************************************************

twer


  • FXというのは、売ったり買ったりする外貨に、実際に外貨預金のように日本の円を入金することは必要ではありません。小さな金額のトレードの保証金のみで、その何倍もの金額の大きなトレードを行うことが可能です。この際のトレードの保証金と、本当に売ったり買ったりする金額の割合のことをレバレッジと呼びます。レバレッジが大きいほど、資金が少なくても効率的にトレードを行うことができます。しかし、その一方、相場が予測したものとは反対になった時のリスクは大きくなります。